コロナ対策

私の考えるコロナ対策

昨年末から現在まで、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)

現段階ではウイルス自体の病原性や宿主因子などが少しずつ解明されつつありますが、抗ワクチンの生成法などについては実際にはよくわかっていません。

それゆえ予防策も無く人類のほとんどが対抗できる免疫を持っていない状態であり、容易に人から人へ感染することが予想され、今もなお世界的な大流行(パンデミック)を引き起こしています。

そして、これは健康被害だけではなく、これに伴った様々な混乱により社会的影響が全世界で引き起こされ大混乱を招いています。

ウイルスの感染予防は粘膜の炎症の防御が大切!

今まさに新型コロナウイルスによる感染が広がる中、私たちが出来ることそれは

新型の感染症や現在確認されている感染症、様々な感染症に対応できる体を作る、自己防衛をするということ

口腔粘膜(口の中)をきれいにする理由は?

連鎖球菌と真菌(カビ)が合体すると、口の中に粘着性の膜が出きウイルスが付くと爆発的に増える。

そのため外出するときは、歯磨きと口の清掃がウイルスの感染防御の第一歩になることが考えられます。

 

真菌(カビ)はマスクを洗った後にきちんと乾かさないと、マスクに真菌(カビ)が増殖してしまう事もあるので、洗えるマスクの場合はきちんと乾かしてから使用しましょう。

新型コロナウイルス|自分でできる7つの予防対策

1.手洗い

普段の生活において私達は様々なものに触れる機会が多く、そのため自分の手にもウイルスが付着している可能性が高いです。

下記は厚生省ホームページからの、正しい手の洗い方の紹介です。
20~30秒、しっかりと時間をかけ念入りに行いましょう!

2.口の清掃とのどの抗菌

食べ物や飲み物、人が栄養などを摂取する時は口から喉を必ず通ります。

そこがきれいでないと飲み込んだ時に一緒にウイルスや菌を体に取り込んでしまいます。

うがいや歯磨きで清潔に保つようにしましょう。

3.塩水うがい

抗菌作用があるのはもちろんのこと、塩には脱水という作用を利用してウイルスを炎症部から取り除く働きがあるのです。

またすでに炎症のある喉にも有効とされています。

  • 500ml:小さし1
  • 1000ml:35g(強め)

4.栄養、和食中心、免疫上昇スープ

バランスの良い食事は免疫アップに効果的です。

5.身体の乾燥を防ぐ

体内の水分量が低くなると、ウイルスに感染するリスクが高まります。

水分量を上げる:ビタミン C(アスコルビン酸原末)を、朝・昼・晩2gずつ

粘膜の強化:ビタミンB複合体

鼻呼吸を意識:咽頭(口の中と喉)の乾燥を防ぐため

口呼吸をしているだけで咽頭の乾燥を招き、その中にあるワルダイエル咽頭輪というその周囲の免疫をつかさどる部分の機能が落ちてしまいます。

6.運動

自然免疫を出すには、血流とリンパの流れを作るために適度な運動は必要不可欠です。

7.日常生活で大切なのは換気

室内にいる時は、定期的な換気を心掛けましょう。

更に超音波の加湿器で、カテキンを散布するのも良いでしょう。

私が使っているのはニトリのお茶の力で「加湿器用除菌水 お茶の力」で検索するとでます。

 

※上記は私自身の調べた対応策なのでコロナを完全に防げると保障するものではありません。

罹らないために少しでも出来る事はやろうとまとめたものです。