怪我ブログ

腱鞘炎1

こんにちは!

あやいち整骨院 院長の松丸です!

今回は腱鞘炎についてです!

皆さんは腱鞘炎という言葉を聞いたことはありますか?

  • 手首を使うと痛い
  • 指を動かすと痛い

主にこのような痛みが出ます。

ではなぜ腱鞘炎になってしまうのでしょうか?

これは使い過ぎによる問題が多いとされています。

あなたの生活で手や指を使いすぎていると感じたことはないですか?

お仕事ではパソコン、ご自宅ではスマホに家事など。

ではそもそも腱鞘炎とは何なのでしょうか?

「腱鞘炎」

この言葉から読み解いてみましょう。

 

 

一つ目の「とは、筋肉が骨にくっつくときに代わる繊維質のもの

良く知られているものではアキレス腱があります。

 

 

では「鞘」とは何でしょう?

鞘とは中に物が納まる、外側のおおい。

この場合の鞘はトンネルのような構造をしています。

このトンネルを腱が行ったり来たり往復しています。

 

 

この往復している時に擦れる事で炎症が起きてしまいます。

これが漢字の3個めの「炎」です。

なんとなく構造自体はわかりましたか?

次回はもう少し細かく書こうと思います!

もし当院でケガを治したいと思った方はお電話下さい!

03-3604-1725

あやいち整骨院 院長松丸