テレワーク

テレワークで肩こり・腰痛が激増!在宅勤務を快適にする予防策とは?

政府による緊急事態宣言のあと、テレワーク(在宅勤務)を余儀なくされている方も多いのではないでしょうか?

通常のオフィスとは異なった環境により、少しずつ体調不良を訴える方が当院でも増えてきています。

またご相談を受ける中で、腰や首、肩から背中にかけての痛みを抱えている方はとても多いのが現状です。とはいえ、

「しばらくの間テレワークを続けなくてはいけないけど、この痛みつらい、、、」

今回はこのようなお悩みの方へ向け、いろいろと解説していきたいと思います。

テレワークでの肩こり・腰痛は何故おこる?

皆さんが普段会社で仕事をされる際は、仕事用のデスクやイスを使われていると思います。

しかし自宅で仕事をする際、多くは

  • キッチンのテーブルとイス
  • ローテーブル

なのではないでしょうか?

書斎を持たれている方もいますが、多くの方は使い慣れたオフィスの環境とは異なります。

その環境により引き起こされるもの、それは姿勢の変化!

姿勢が悪くなる事で首から肩、背中から腰までの負担は増えてしまいます。

さらにいつも通勤で歩いている歩行の時間が、テレワークで減っているのも関係があります。

歩くことは関節や筋肉の動きが良くなる、さらに血流も回りやすくなるとても良い行為なのにそれが減ってしまっているのです。

姿勢が悪くなり筋肉の負担が増え、動くことが少なくなった事で血流も悪くなり痛みが出てしまっている方が多いのが現状です。

テレワークでの肩こり・腰痛の予防策は?

まずは姿勢を整えてあげることが大切です。

座った時に背中が丸まってしまう人が多いように感じますが、これは土台がしっかり座る準備が出来ていない為な事が多いです。

土台とは?

座った時に土台になる所は骨盤です。

骨盤が後ろに傾いて(倒れて)座るという事は、骨盤にくっついている背骨も後ろに倒れるような形になります。

つまり猫背です。

この姿勢は後ろの筋肉が引っ張られてしまっていて、常に緊張状態です。

筋肉が緊張してしまうと固くなり、動きが悪くなり、動き出しの時に痛みを生じたりしてしまいます。

また頭や肩が前に出てしまう姿勢だと首から肩までの筋肉が引っ張られてしまいます。

これも痛みや頭痛を起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。

では、どのように座ればきちんと座ることができるのでしょうか?

 

  • 骨盤を起こして(立てて)座る。
  • パソコンを遠くに置かない。

事が重要です!

在宅勤務を快適にしたい!でも解決できない時は?

  • 色々試してみたけど、症状が緩和されない・・・
  • 日を追うごとに、悪くなっている気がする・・・
  • 腰痛・肩こり・首の痛みによる、頭痛や吐き気がある・・・

このように回復の兆しの見えない方は、あやいち整骨院へお越しください。

当院では、テレワークによる体調不良から回復された患者様も多数いらっしゃいます。

まずはお気軽にご相談を・・・スタッフ一同お待ちしております。

お問い合わせ

さいごに

新型コロナウイルスとの戦いは長期戦になることが予想されています。

STAY HOME

を国全体で推奨している中で、慢性的な運動不足・テレワークなどによる体調不良は今後も増えていくことでしょう。

ご自分の体調管理は、本人にしかできません!

未知とのウイルスとの戦いはもちろん、ご自身の免疫力・体調も同時に整えていくことが大切となってきます。

共に頑張っていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。
あやいち整骨院